BLOGブログ

カテゴリー一覧

バリオス タイヤ&駆動系交換

2016年07月29日 | カテゴリー:竜輔整備記録

2014-08-04

今回はバリオス250の駆動系&タイヤ交換を実施しました。

各部の消耗品の交換時期となっていましたのでリフレッシュ整備のご依頼でした。

バリオス1


タイヤはダンロップのGT601をチョイス。
今シーズンに販売されたNEWタイヤですが、今までの501よりも万人向けになった印象です。
メーカーHPにも記載がありますが特に走り始めの安心感がUPしてます。
さらに深溝となっていますのでライフの向上も期待できます。
通勤、通学なんかの街乗りがメインって方にはオススメです!

 

バリオス2

それと、駆動系の部品も一式交換いたしました。
距離を走るとガタが出るんですが、みなさんダメになるまで整備を後回しにしてしまう箇所でもあります。
しかーし、走りへの影響は意外と大きい部分です。
まだ使えるかなって思ってるレベルでも交換するとビックリするくらいバイクの走りが軽くスムーズになります。
摩耗量や傷み具合をしっかり診て早めの交換をオススメします!

 

ちなみに当店は社外品での修理もご提案してます。
純正スプロケットはスチールなのに高価だったり、特にシールチェーンなんかはシールの高性能化に伴って良いお値段がしたりしますよね。
そこに社外品の良い部品、補修用の安価な部品などをご要望に合わせてご提案します。

 

「壊れたところからチューニング」

今回のお客様もAFAMのアルミスプロケット&補修用プロトチェーンという組み合わせで修理しました。
修理をチャンスと捉えるとワクワクしてきますね。

バリオス3
最後に、タイヤのエアバルブキャップをこんな部品に交換してる人はいませんか?
ピカピカ光る電飾系の部品や装飾系のヤツです。

これはタイヤのためには使わないほうが吉です。

こういうキャップって普通のキャップに比べて重いです。
たかだか何グラムの世界ですが、それは静止状態でのお話です。

エアバルブ本体にかかる遠心力を単純数字を入れて便利な計算サイトを使って計算してみます。
走行時に15gの物体で円周方向に1.5Kgの荷重が、30gになると3.0kgの加重になりました。
それがゴム製のエアバルブに速度が変化するにつれ振り子のように力がかかってくると考えると、、、分かりますよね?
不要なトラブルを避けるためにも、装着はオススメ致しません。

こんなふうに案外と真面目に考えてます(^^)/

竜輔

お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~19:00(日・祝を除く)0877-98-2067
WEBでのお問い合わせ

WEBお問い合わせはこちら